日経賞 2019 出走予定馬の血統、外厩、追い切り、オッズ情報等のデータ分析&予想

日経賞2019 レース概要

古馬のG2の重賞です。かつては天皇賞の前哨戦という位置になっていて、その前哨戦として、強い馬が出てきてたのですが、大阪杯がG1に格上げしたこともあって、近年は出走メンバーが手薄になりがちです。特に、今回は1馬が一頭も出走していませんが、その分、荒れるレース展開が期待できます。

コース情報

日経賞2019 レース結果&払戻金
中山競馬場Aコース2500m内回り
スタートしてすぐにコーナーがあり、ここは逃げ馬に逃げやすい。正面スタンド前で最初の急坂。ゴール前で400面で4mのすごい下り。最後に中央競馬上の中ではもっとも最短の直線が310m。
日本一の高低差があり、距離の長さから考えても結局最後はスタミナ勝負。有馬記念が参考になります。
今回の出走馬に生粋の逃げ馬がいないので、全体的にスローペースになりそう。

出走馬

日経賞2019出走馬
日経賞2019 出走予定馬前走

過去10年のデータ

日経賞2019 2019年 過去10年のデータ

人気・配当データ

日経賞2019 人気・配当データ

枠番データ

日経賞2019 枠番データ

年齢データ

日経賞2019 年齢データ

脚質データ

日経賞2019 脚質データ

出走馬データ

予想

現状の予想では<<>>>になります。

枠順が決まって、最終予想に関してはLine@でご案内します。ぜひご登録ください。

ブログランキング⇐クリックお願いします。



関連記事

SNS

ブログ主紹介

博士の競馬予想ブログ管理人国立大学の大学院を卒業して経済学博士にまでなっておきながら、競馬で飯を食っています。

親は「こんなはずじゃなかった」と言って泣げいていますが、これからも気楽に生きていくつもりです笑

競馬の勝ち方は競馬新聞の記者におしえてもらいました。2018年の回収率は122%でした。

ブログでは重賞レースについて、データや確率論に基づいた分析を行ってます。

ページ上部へ戻る