阪神大賞典 2019 出走予定馬の血統、外厩、追い切り、オッズ情報等のデータ分析&予想

天皇賞春を見据えて、実力のある馬が集結。人気通りに勝つというデータが残っていますが、今年は少し波乱があるかもしれません。

それではまずここ過去10年間のデータを元に分析していきましょう。

レース情報

2019年3月17日(日)
阪神競馬11レース(15時35分発走)
第67回阪神大賞典(G2)
阪神芝3000m 4歳以上別定

出走馬

阪神大賞典 2019出走馬
阪神大賞典 2019 出走予定馬前走

アドマイヤエイカン 
ヴォージュ     
カフジプリンス   
ケントオー     
コルコバード    
サイモンラムセス  
シャケトラ     
ステイインシアトル 
ソールインパクト  
リッジマン     
ロードヴァンドール

過去10年のデータ

阪神大賞典 2019 2019年 過去10年のデータ

人気・配当データ

阪神大賞典 2019 人気・配当データ
ここ10年で勝率50%、連対率は70%、3着内率なら90%と、1番に人気が圧倒的に結果を残しています。強い馬が実力通りに勝っているというわかりやすい傾向です。

枠番データ

阪神大賞典 2019 枠番データ
5枠だけ勝率が悪いです。しかし、6枠はそこそこ勝ってるので、単なる偏りではないかと思います。気にしないでいいでしょう。

年齢データ

阪神大賞典 2019 年齢データ
抜きん出たデータではありませんが、4歳馬が結果を残しています。これも力のある馬が実力通りに結果を残していると見ることができます。

脚質データ

阪神大賞典 2019 脚質データ
先行馬が順当に結果を残しています。

出走馬データ

前年、菊花賞で好走したシャケトラに人気が集まりそうです。

予想

現状では一番人気はシャケトラ、続いてリッジマン、アドマイヤエイカンが2、3番人気になりそうです。

ブログランキング⇐クリックお願いします。



関連記事

SNS

ブログ主紹介

博士の競馬予想ブログ管理人国立大学の大学院を卒業して経済学博士にまでなっておきながら、競馬で飯を食っています。

親は「こんなはずじゃなかった」と言って泣げいていますが、これからも気楽に生きていくつもりです笑

競馬の勝ち方は競馬新聞の記者におしえてもらいました。2018年の回収率は122%でした。

ブログでは重賞レースについて、データや確率論に基づいた分析を行ってます。

ページ上部へ戻る